2015年12月13日

ポケモン超不思議のダンジョン Chapter1『この星に生きるもの この世界にやってきたもの』

さて、改めて再プレイすることになったわけですが。
スタート画面、背景に自分の部屋が映っていることにビビる。
そ…そういえば、最初に起動したときもそうだった…!
一度セーブデータを作ってしまうと、それ以降は普通の? キラキラした背景のみなんだよねぇ。
ああ、つまりこれは「自分の世界からポケモンの世界へ行こうとしている」っていう演出なのね。
――ということに、今回やっと気づきました。
ええ、初回プレイ時は「ぎゃあああああ自分の汚部屋が映ってる! なにこれきったねぇ!!」としか思えず。
うん感動のかけらもない。さあ掃除しよう

シリーズ恒例の主人公&パートナーを決めたら、さっそく本編スタート。
しょっぱなからデオキシス&レックウザ登場。なんだか大盤振る舞いである。
何やらこの星に危機が迫っているようで――ここで「また隕石の仕業か」と思ったのは内緒だ!
だってレックウザさんいるし……
ところでこの二匹は顔見知りっぽい気がしたけど、実は面識なし?
どっちも宇宙空間で生活しているというのに、なんだか意外。
てか、デオキシスさんが「あれが伝説のポケモン、レックウザか……」とか言っているけどさ、
君も伝説のポケモンだからね! 珍しいんだからね!!

そしていつものように記憶喪失&ポケモン化している主人公ことホソバ。
これまでならパートナーと出会い、なんやかんやでダンジョンに足を踏み入れるわけですが。
今回は初対面はパートナーじゃないよ&しかも突如襲い掛かってくるよ!
……なにこの災難。しかもオーベムたち、3匹でホソバを襲撃しているし。まさに数の暴力。
そんないきなりの大ピンチを救うのがパートナー!……ではなくて、通りすがりのコノハナさん!
あ、明らかに無関係の人…つかポケモンを巻き込んじゃっているよ!

でもこのコノハナさん、ものすごく面倒見が良い。
何にも知らないホソバに対して、ダンジョン攻略の知識を教えてくれるという。
ただ一緒になって逃げてくれるだけでもありがたいというのに…!
しかしホソバくんはアイテム拾いに夢中だけどな!
アドバイス全無視してごめんね! 前回でやり方分かっちゃっているし!
いやもうこの後アイテムがないと攻略きついんすよ…ここで貯めなくていつ貯める?! 今でしょ!?(古い)
それでも笑って許してくれるコノハナさんは懐は広いと思う。

自分は元人間で気づいたらポケモンになっている。しかも記憶がない。
そんでもってオーベムたちに追われている。
そんなどこからどう見ても厄介事の塊でしかないホソバくん。
……そりゃあ、コノハナさんだって最初は「じゃあ後は自分で」とか言っちゃうよねぇ。
けれど「まだ子どもだから」と、ホソバのことを見捨てられなくて。
結局は自分の家に招き入れてくれるだなんて、うん、本当に面倒見が良いよね。
ただ、コノハナさんの家があるおだやか村、ここからさらに野宿をしないとたどり着けないという――。
い、意外と遠いんですね。ナレーションでさらっと流しているけど、ちょっとビビったよ。

ちなみにこのチャプターで攻略できるダンジョン、事実上のチュートリアルだけあってかなり簡単。
《ジョバンとうげ》というぶっちゃけすぎた名前を付けられるだけのことはある。
BGMは序盤って感じがあまりしないけどね。特に《シンリョクのもり》は終盤でも通用すると思う。
このあたりはさすが音楽に定評のあるポケダンシリーズだぜ。


そんなこんなで大きな木が目立つ、おだやか村に到着したホソバ。
ここでタイトルコールということで、いよいよ本格的に物語が動き始めるって感じ。
ナレーションの言うとおり、次のチャプターでようやくパートナーに会えるわけだしね!



※以下、本編クリア時までのネタバレ満載の感想になります。
スタッフロールを見てない方はご注意ください。





続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム 超不思議のダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

もう一度、君と冒険をしよう

今から約二か月前のこと。
『ポケモン超不思議のダンジョン』を購入しましたー!
ポケダンシリーズは「空の探検隊」以来なので、プレイするのは本当に久しぶり。
そのせいか、やたらと前よりも難しくなってないか…? と、何度も死にそうになりました。
実際、シリーズで最も難易度が高いとの評判で、あ、そう思ったのは私だけじゃなかったのね。
でも物語の結末が知りたくって、無我夢中でプレイ。
そして私としては珍しいことに、二週間もかからずにさくっとストーリーをクリアしました。
うん、我ながらすごい。ちょっと自画自賛したくなる。

で、クリアした後に思ったわけですよ。
もう一度最初からプレイしたい…!
きっと伏線が張っていただろう、あのシーンや台詞を見返したい!
だがしかし! 残念なことにセーブデータを消さなければそれは叶わない。
迷いに迷った末、ええ、最初からやり直すことにしました。
クリア後のイベントがあるのは分かっていて、それをこなしてから、とも考えたんですけどね。
物語の展開は知っているけど、心機一転、改めて冒険するぞー!



■主人公 ホソバ(ゼニガメ・♂)
シリーズ恒例、もはや通過儀礼ともいえる心理テストで素直に回答したら、ゼニガメになりました。
これまでは女の子にしていたけど、今作は男の子という設定です。
でもあんまり性別を感じないよね。ウィンドウの色も変わらないし、口調もどちらでもいけるし。
あと後述するパートナーが元気いっぱいな印象が強い分、冷静沈着な感じがする。
まぁ、今までのシリーズ主人公も落ち着いていたけどねぇ。
名前の由来:ホソバミズゼニゴケ
こちらも通過儀礼、毎回名前を考えるときって気づいたら1時間以上は経っているよね。


■パートナー マロン(ハリマロン・♀)
さて、今作をプレイにするにあたって最初から決めていたこと。
それは「主人公かパートナーは草タイプの子にしよう」ということでした。
救助隊はイーブイ&ピカチュウ、探検隊はアチャモ&ポッチャマの組み合わせでプレイしたので、
せっかくなので今まで選んだことのないタイプを入れてみよう! と思いまして。
で、主人公は前述のとおり、初代御三家のゼニガメに決まったので。
どうせなら対になるよう、最新作の御三家から選ぼう! ――という流れでハリマロンにしました。
実は「アチャモが良いよ」と選んでくれたんだけどねー…こればっかりは譲れない。
というか、私にとってその子は探検隊のイメージが強すぎてだな、うん、ごめん。
そうそう、今作の良いところの一つに、主人公とパートナーを自由に選べれることですよ!
いちおう「君は○○だ!」って選んでくれるけど、いいえを選択できちゃうもんなぁ。
空の探検隊の時、なかなかアチャモにならなくて、プレイ開始までに12時間を要するという悪夢があってだな…
この仕様は本当に嬉しかった! 断るとき、ちょっと罪悪感が芽生えるけどね。
名前の由来:ええ、もうそのまんまです。むしろこの名前しか思い浮かばなかった。



あ、主人公とパートナーは初回プレイ時と同じコンビでいきます。
なかなかこういうのって変えにくいんだよなぁ…。なので、もう一度、君たちで冒険をするぜ。
posted by 小日向 あさひ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム 超不思議のダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする