2012年07月27日

歌姫と聖剣士

夏といえば、ポケモン映画!

……というわけで、今年も見てきました。
ふっふっふーやっぱり、これを見なくちゃ夏が始まらないって感じ。
あ、もちろん、メロエッタ、ばっちりもらってきました!
ケルディオはちょっと時間がなかったので、後日もらいに行く予定です。
え、まだもらってなかったの? というツッコミは受け付けぬ!!


んで、今回のポケモン映画。
なんと言っても短編映画の復活! が最大の見所でしょう!!
しかも歴代御三家勢揃いとか、これはもうワクワクするしかないだろ!!!
――と、ぶっちゃけ長編いらn…げふんげふんな勢いで映画館に行ったら、しっかり長編でも感動したよ…。
やっぱり短編も長編も面白いよポケモン映画……。

えっと、ネタバレなしで感想を言いますと。
短編はメロエッタがかわいい! まさにこれにつきる。
いや、本当に可愛いんだよ!
これはニャースもミジュマルもポッチャマも惚れるわ、と改めて認識。
そして懐かしいポケモンたちが登場!!
本当にこれはね、テンションが上がるよ。いやマジで。
でも、確かに歴代御三家は全員出てきているけれど、全員活躍しているわけじゃないんだよねぇ。
これから見られる方は、そのへんご注意を。

そして長編の方ですが。
ケルディオが主人公です。ええ、まごうことなき主人公です。
大切なことなので、二回言いましたよ。
短編復活の影響のせいか、本編は今までよりも短めで、その分シンプルなストーリーになってます。
前作のように隠された謎だとか、壮大なスケールの展開はないです。ええ。
でも、これぞ王道と言わんばかりの内容で、いつも以上に分かりやすかったなぁ。
あと、サトシたちがものすごく格好いい。特にサトシはイケメンだろって思えるぐらい格好いいよ。
今回の映画でものすごい株が上がったよサトシくん……ストップ高にならないんだけどこれ……。

ちなみに。
ロケット団の活躍を期待している方へ。
これだけは今のうちにもう言っちゃおう。諦めろ。
短編でなんとか補うんだ……



それでは、ネタバレありの感想に参ります。
まずは『メロエッタのキラキラリサイタル』からどうぞ!
※前作同様、思ったことを箇条書きに書いているので、たいへん読みにくいです
※そして相変わらず長い




・ルナトーンの岩がきれい
・というか、夜景が幻想的で好き
・ソーナンスゥウウウウウウッ!!!
・やばい、どうしよう、これだけで泣けるわ
・やっぱりニャースの相棒はソーナンスさんですよ……
・メロエッタのリサイタルは年に一度らしい
・なんか地面から生えてきたー!
・しかもなんか実ったー!!
・おおおお、光る植物がどんどん生長していく……
・なんだか“オラシオン”みたいだな
・感激のあまり、爪研ぎをするニャース
・ってイワパレスさん?!
・そりゃあ怒って“すなあらし”発動させもするわ
・謎の木の実、メロディベリーが吹っ飛ばされた!!
・こ れ は 大 変 だ
・翌日、メロエッタのためにメロディベリー集めを決めるニャース
・ニャース「いったい誰のせいだ」←お主のせいですよwww
・仲間に指示を出すピカチュウ
・さすがリーダー! 頼りになるぜ!!
・フシギダネ&ワニノコキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
・きっとサトシのとは別個体なんだろうけど、でも似てる感じにしてる
・不思議な縄跳びをする二匹
・その下をくぐるミジュマルさん(笑)
・ピカチュウお得意の形態模写
・彼の骨格はどうなっているのか、そろそろ本気で悩むべきか
・(文字通り)天高い木の枝に引っかかっている、メロディベリー
・根性で木に登るニャース
・みんなの連係プレーで木に登るピカチュウ
・ピカチュウはかしこいなあ
・一方、エモンガとツタージャ組も捜索中
・小悪魔とお姉様が共に行動って、うん、分かるわ
・チコリータ&アチャモキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
・エモンガとチコリータの共演(中の人的な意味で)
・って思ってたら、トゲピーもキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
・しかもメロディベリーを持ってるし! さすがトラブルメーカー
・いつ“ゆびをふる”を使うのか、ハラハラした人手を挙げて ハーイ!
・小さな穴をくぐってぴょこぽこするメロディベリー&ツタージャたち&ニャースたち
・恋する乙女とお姉様のムチさばきが素敵
・そしてゴロゴロと転がり落ちるニャース&ソーナンス
・ディグダ&ダグドリオキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
・ううう、このサプライズ登場は嬉しいよお (つД`)
・でもどうせなら ディグダディグダ ダグダグダグ って言って欲しかった…
・水辺を探索するピカチュウたち
・ゼニガメ&コダックキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
・特にコダック登場とは……嬉しいなあ…愛されているなあ……
・ポッチャマも登場!!
・シーズン2に出ているせいか、ミジュマルとの絡みは少なめ
・――かと思いきや、きっちり張りあっていたこの二匹
・パールルに手を挟まれるポッチャマ さすがです
・そこに登場したのはヘイガニ!
・おお……声がちゃんと小西さんになってる……
・つうかメロディベリー持っているし!
・欲しけりゃバトルに勝てということですね、分かります
・ゼニガメ、ポッチャマ、ミジュマルのトリオで水中バトル
・なにこの水ポケ大好きな俺得展開
・そしてバンバンぶっ飛ばされる三匹
・まるで噴水みたいだなあ…
・そりゃあピカチュウもヤナップも不安になるよね!
・ヘイガニの手からメロディベリーが離れた!→ニャースのところへ
・これでメロエッタちゃんの役に立てるぜ!→トゲピーにけっ飛ばされる
・そしてメロディベリーはピカチュウへ……
・なにこのわらしべ長者っぽい展開は
・落ち込むメロエッタをなぐさめようとする、キバゴとズルック
・……のハズが喧嘩に発展(笑)
・ここでメロエッタが歌うってのは、アニメと同じ展開ですな
・お腹がすいた二匹。本当に仲が良いのう
・空高く吹っ飛ばされたニャースたちはフワライドに着地
・ここでメロディベリーを見つけるんかい!
・いったい、どうしてそんなところに引っかかったし
・メロディベリーを取ろうとするニャースとソーナンス
・その姿を見つけるツタージャたち
・もちろん飛びのるぜ!
・そしてその姿を見つけるピカチュウたち
・もちろ(ry
・ピカチュウがみんなを踏んづけて力をかりて、メロディベリーのところへ!
・あともう少し!
・そしてそしてその姿を見つけるメロエッタ、キバゴ、ズルック
・最後のメロディベリー、ゲットだぜ!
・次の瞬間、即落下するのはお約束の展開だよね!!
・メロエッタがエスパーの力で、みんなを救助
・つか、こうやって空を飛ぶ場面はセレビィやデオキシスを思い出す
・イワパレスの上に着地するニャース&ソーナンス→吹っ飛ばしてやるぜ!!
・そんなにニャースの爪研ぎが嫌だったのですか、イワパレスさん
・まあ、自分の家というか体をガリガリ削られるのは誰でも嫌だよね
・仕切り直しのリサイタル
・プリンとピチュー!
・ピチューがちゃんと二匹そろっているってのが良いね
・他の御三家もキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
・え……もしかして……出番、これだけですか……? _| ̄|○
・はしゃぐパチリスを見てると、この子も物語に加わって欲しかったなー…
・あ、あかんわ。そんなことをしたらトラブルメーカーが増えてカオスになるわ
・仕方ないといえ、進化しているチャオブーめっちゃ浮いてる
・やっぱりメロエッタ、歌声が綺麗だなあ。さすがと言うべきか(中の人的な意味で)
・きらきらと光が伸びていく黄金の木
・ニャースとソーナンスが、イワパレスと一緒に見てる…!
・プラスルとマイナン! ……とリオル? ん? なんでだ?
・なんかちょっと奇妙な感じ
・ステップフォルムにチェンジ!
・相変わらず、魔法少女の変身シーンを見ているかのようである
・『みてみて☆こっちっち』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
・この曲は妙な中毒性があるから困る
・気づいたら脳内で無限ループ再生しているんだぜ……
・スタッフロールで幻のポケモン登場!
・ミュウがやたらとでかく映った気が
・毎回、キャストを見損ねる私……
・EDのプリンはマイク(と言う名のマジック)を持っているんだなぁ

・今回のMVPは間違いなくグレッグルです



――あの短編映画が帰ってきた! ってノリで本当に楽しかったです。
ポケモンたちだけで、みんなで力をあわせて頑張る姿はやっぱり良いなぁ。
あとね、何度も言うけれどね、本当にほんとーにっ! 懐かしい子の登場は嬉しかったんですよっ!!
特にディグダとダグトリオの登場は良かった……うん良い……。
残念だったのは、御三家のポケモンたち、全員が活躍してないことかな。
特に炎ポケモンは、アチャモ以外、ラストのリサイタルまで出番ないもんなぁ (´・ω・`)
あ、でも、ヒトカゲさんはセンターで踊ってましたねっ。
時間という物語の都合があるから、仕方ない部分かもしれないけどね。

個人的には、また来年も短編映画みたいなぁ。
そんな風に思えた、今回の映画でした。メロエッタは可愛い!
posted by 小日向 あさひ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【劇場版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック