2005年12月29日

板チョコの魔法。

そ、そろそろ年賀状を書かないとまずいな……。
というわけで、郵便局で働く皆さん、ごめんなさい。
元旦前日(大晦日)ポスト投函になりそうです。○| ̄|_



さて今日は木曜日。
……わかっていますとも、今日はポケモンやらないって(泣)
そのために先週、クリスマス特番したんだもんね。
でもでもでもっ! やっぱり寂しいのです。

そんなわけで先週届いた、ルカリオを鑑賞。
ありがとう。DVDってすばらしい。かがくのちからってスゲー!

では今年のポケモン映画『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』の感想を。
い、いつもより萌え度が高めです……。



実は映画館で二回、同じ映画を見たのはこの作品が初めてです。
それぐらい、この映画は好きです。


やっぱり波導コンビのおかげなんだろうなぁ。

最初「来年は剣と魔法のファンタジーで」と発表があったとき、とても不安になって。
その後の予告編や情報からも、「今年はダメかも……」と強く思うようになって。
そのうち「今年でポケモン、卒業かな」とも思うようになって。

でも、実際にふたを開けてみたら。
「やられたー!」と裏切られました。本当に良い意味で、期待を裏切られたよ!



そんなわけで、大きいお姉さんズのハートをわしづかみにした波導コンビ。
私もハートをつかまれたYO!

そうさ、アーロン様の温泉シーンにノックアウトさ。(ぼさぼさって、良いね☆)
ルカリオのツンデレっぷりに、くらくらさ。(どうもツボらしい、ツンデレ)
何より終盤の会話とEDアニメは反則だ!! (今では板チョコ見るたびに、切なくなります)


それから久しぶりに、初期のサトシを見た気分。
AG編に入ってからは、どことなくお兄ちゃんぽくなっていたので。
特に泣いたり怒ったりしているところは、三人旅をしている頃を見ているようでした。


あとピカチュウとの思い出を話すシーン。
まさか第1話が流れるとは。(しかもめざせポケモンマスターが流れるし)
そうだよねぇ。
最初は全然仲良くなったんだよねぇ。

今じゃあ、テレパシーが使える仲なのにね! (この熟年夫婦め)



問題、というか欠点と言えば。
ミュウとキッドの扱いでしょうね。映画公開後のファンサイトで、問題視されてもいたし。
私もどうにかならなかったのかな〜と思います。
『水の都の護神』でも、同じようなことを思った記憶があ る け ど




でも本当に良かった、といえる作品です。
結構、細かい伏線が張られているしね。
二回目、三回目と見ていっても、いろいろと新しい発見があって面白い。

来年もよろしく楽しみますよ!
posted by 小日向 あさひ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【劇場版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック