2017年04月01日

今日はともだち記念日

実はまだサンムーン、殿堂入りしていない件について。
……あれおかしいなぁ。発売日に購入したはずなのになぁ。
いつの間にかハウくんにもレベルを越され、未だにリーグの建物に入れません。
やっぱりもっとレベル上げないとダメなんだろうなぁ。
ひとまず、たつお(コモルー)をボーマンダに進化させるまで頑張るか…。


さて、そんな個人事情は横においといて。
本日は4月1日です。
世の中は年度初めだったり、嘘をついていい日だったりします。が。
アニポケ放送開始日でもあるんです…!
そしてついに今年で20周年を迎えました!
わあああ…すごい、すごい!おめでとう!!!
あのサトシとピカチュウの旅立ちの日から、もうそんなに経つのか…!
最初に見たとき「こいつら本当に大丈夫か」と思ったことが懐かしい。
そこからお互いに成長して信頼しあって、今じゃあすっかり頼もしく見えるんだもんなぁ。
時の流れってすごい。

その間、いろいろと、もう本当にいろいろありました。
時には放送自体が危ぶまれたときもありました。(あの事件すら懐かしいなあ)
でも、それでも、ここまで続いてきたってのは、本当に本当にすごいことだと思います。
特に一度も主人公を変えずにきたってのは、並々ならぬことです。
それも今日までアニポケに携わってきた、スタッフの方々のおかげです。
本当に、本当にありがとうございます!

――そして、これからもよろしくお願いいたします!!
もうここまで来たら、25周年はもちろん、30周年も期待しちゃっても良いよね?!
私も追いかけるところまで追いかけるぜ!
posted by 小日向 あさひ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ポケモンXY&Z編第6話『ようこそ忍者村へ! 英雄ゲッコウガの伝説!!』

エイセツシティへの旅を続けるサトシの下へ、サンペイとゲッコウガがやって来た。サンペイは、忍者の里でお祭りが行われるので、遊びにこないかと誘ってきた。初めて訪れる忍者の里でサンペイの兄、イッペイやニヘイ、里の人たちと交流する一行。すると、突如として謎の忍者軍団が里を襲撃、なんと里の頭領が誘拐されてしまう!
『アニメポケットモンスターXY&Z これまでのおはなし 2015.12.3 より』


冒頭シーンがどう見てもポケモンじゃない……NARUTOだ…。



続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【XY&Z編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

『ボルケニオンと機巧のマギアナ』の感想 その2

前回から引き続き、映画ネタバレあり感想です!
こちらはサトシたち、レギュラーメンバーの活躍について。
あと最後に結構がっつりと、XY&Z編の今後についても。



続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【劇場版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

『ボルケニオンと機巧のマギアナ』感想 その1

まさかブログで映画の感想を書くのが、ケルディオ以来になるとは思わなかった。

――お久しぶりです、小日向です。普段はほぼツイッターに生息しております…。
さっそくですが夏といえば、やっぱりポケモン映画。
そんなわけで今年もばっちりしっかり見に行ってきましたー。
しかも今回は人生初の舞台挨拶も堪能してきましたよ!
うう…ずっと前から「ポケモン映画の舞台挨拶を見に行きたい」と思っていたから、夢が叶って嬉しい…!
それも19年間、ポケモン映画を公開してくれたスタッフのみなさんのおかげです。
これだけ長い間映画を作り続けてくださったからこそ、こうして今年舞台挨拶見に行けたもの…。
本当にありがとう…! 来年の20周年超大作も期待してるし見に行くよ…‼


さて、まずはネタバレなしの感想言いますと。
ボルケニオンが漢前&マギアナちゃんがめちゃくちゃ可愛い。
特にマギアナ、詳しくはネタバレ感想で書くけど、本っっっ当に仕草の一つ一つが可愛いんですよ!
そんな彼女を守ろうとするボルケニオンが格好良くてだな…うん、彼の生き様は好きだわ。
また今回はサトシとピカチュウだけでなく、文字通り仲間みんなが大活躍しているのがたまらん!!
特にロケット団が輝いている姿を見て私は泣いた。
それこそケルディオでは「ウォー○ーを探せ!」状態だったので、今回の活躍っぷりには歓喜するしかないじゃん!
ところでこのネタ、最近は通用するんだろうか……ミッ○!の方が良いのか?

あとですね。
現在放送中のXY&Z編が好きなら、もう今すぐ見に行くんだ
もちろん、アニメ本編を見ていなくても十分に楽しめる内容になっていると思うんだけどね。
本編を見ているからこそ、より面白いと感じるところが多々あったかなぁと。


では、追記よりネタバレありの感想になります!
書いているうちに、めっちゃ長文になってしまったぜ…。





続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【劇場版】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

ポケモンXY&Z編第5話『ピカチュウ、プニちゃんの夢を見る!』

旅の途中、森の中で野宿することになったサトシ達。夜中、ピカチュウとニャースが目覚めると、そこに居たのは進化したり退化したりしたサトシ達のポケモンだった!しかも何故かニャースのように人間の言葉を話している!一体何があったのかと戸惑うピカチュウとニャース。そこへプニちゃんが現れ、助けてくれと語りかける…
『アニメポケットモンスターXY&Z これまでのおはなし 2015.11.26 より』


これはカオス回の予感……!



続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【XY&Z編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

ポケモンXY&Z編第4話『シシコとカエンジシ!炎の旅立ち!!』

カロスリーグ挑戦の為、最後のジムのあるエイセツシティへの旅を続けるサトシ達。ある時、1体のシシコがカエンジシの群れから離れ、一人立ちする場面に遭遇する。小さいながら、一人前になるため、必死にがんばるシシコの姿を眼にし、感動するサトシたち。しかし、そんなシシコを見つめる怪しい影が…
『アニメポケットモンスターXY&Z これまでのおはなし 2015.11.19 より』


あ、これ、NHK教育の番組でやっててもおかしくないや。



続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【XY&Z編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

ポケモンXY&Z第3話『メガタブンネVSギガギガニャース!!』

旅を続けるサトシ達。近くのポケモンセンターを目指し森を歩いていると岩に挟まってしまった風変わりなジョーイさんと出会う。このジョーイさん、何とプラターヌ博士に憧れてメガシンカの研究をしているらしい。ジョーイさんに案内され、ポケモンセンターに辿り着いたのだが・・・あれ!?ポケモンセンターに入れない!?
『アニメポケットモンスターXY&Z これまでのおはなし 2015.11.12 より』


待望の俺の嫁回にして神回



続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【XY&Z編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

ポケモン超不思議のダンジョン Chapter1『この星に生きるもの この世界にやってきたもの』

さて、改めて再プレイすることになったわけですが。
スタート画面、背景に自分の部屋が映っていることにビビる。
そ…そういえば、最初に起動したときもそうだった…!
一度セーブデータを作ってしまうと、それ以降は普通の? キラキラした背景のみなんだよねぇ。
ああ、つまりこれは「自分の世界からポケモンの世界へ行こうとしている」っていう演出なのね。
――ということに、今回やっと気づきました。
ええ、初回プレイ時は「ぎゃあああああ自分の汚部屋が映ってる! なにこれきったねぇ!!」としか思えず。
うん感動のかけらもない。さあ掃除しよう

シリーズ恒例の主人公&パートナーを決めたら、さっそく本編スタート。
しょっぱなからデオキシス&レックウザ登場。なんだか大盤振る舞いである。
何やらこの星に危機が迫っているようで――ここで「また隕石の仕業か」と思ったのは内緒だ!
だってレックウザさんいるし……
ところでこの二匹は顔見知りっぽい気がしたけど、実は面識なし?
どっちも宇宙空間で生活しているというのに、なんだか意外。
てか、デオキシスさんが「あれが伝説のポケモン、レックウザか……」とか言っているけどさ、
君も伝説のポケモンだからね! 珍しいんだからね!!

そしていつものように記憶喪失&ポケモン化している主人公ことホソバ。
これまでならパートナーと出会い、なんやかんやでダンジョンに足を踏み入れるわけですが。
今回は初対面はパートナーじゃないよ&しかも突如襲い掛かってくるよ!
……なにこの災難。しかもオーベムたち、3匹でホソバを襲撃しているし。まさに数の暴力。
そんないきなりの大ピンチを救うのがパートナー!……ではなくて、通りすがりのコノハナさん!
あ、明らかに無関係の人…つかポケモンを巻き込んじゃっているよ!

でもこのコノハナさん、ものすごく面倒見が良い。
何にも知らないホソバに対して、ダンジョン攻略の知識を教えてくれるという。
ただ一緒になって逃げてくれるだけでもありがたいというのに…!
しかしホソバくんはアイテム拾いに夢中だけどな!
アドバイス全無視してごめんね! 前回でやり方分かっちゃっているし!
いやもうこの後アイテムがないと攻略きついんすよ…ここで貯めなくていつ貯める?! 今でしょ!?(古い)
それでも笑って許してくれるコノハナさんは懐は広いと思う。

自分は元人間で気づいたらポケモンになっている。しかも記憶がない。
そんでもってオーベムたちに追われている。
そんなどこからどう見ても厄介事の塊でしかないホソバくん。
……そりゃあ、コノハナさんだって最初は「じゃあ後は自分で」とか言っちゃうよねぇ。
けれど「まだ子どもだから」と、ホソバのことを見捨てられなくて。
結局は自分の家に招き入れてくれるだなんて、うん、本当に面倒見が良いよね。
ただ、コノハナさんの家があるおだやか村、ここからさらに野宿をしないとたどり着けないという――。
い、意外と遠いんですね。ナレーションでさらっと流しているけど、ちょっとビビったよ。

ちなみにこのチャプターで攻略できるダンジョン、事実上のチュートリアルだけあってかなり簡単。
《ジョバンとうげ》というぶっちゃけすぎた名前を付けられるだけのことはある。
BGMは序盤って感じがあまりしないけどね。特に《シンリョクのもり》は終盤でも通用すると思う。
このあたりはさすが音楽に定評のあるポケダンシリーズだぜ。


そんなこんなで大きな木が目立つ、おだやか村に到着したホソバ。
ここでタイトルコールということで、いよいよ本格的に物語が動き始めるって感じ。
ナレーションの言うとおり、次のチャプターでようやくパートナーに会えるわけだしね!



※以下、本編クリア時までのネタバレ満載の感想になります。
スタッフロールを見てない方はご注意ください。





続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム 超不思議のダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

ポケモンXY&Z編第2話『熱血ハリボーグ! 狙われたプニちゃん!!』

プニちゃんを旅の仲間に加え、エイセツジムを目指し旅を続ける一行。休憩中にトライポカロンの練習をするセレナの下に突然、野生のハリボーグがあらわれた!何とこのハリボーグ、イーブイにひとめぼれしてしまったようだ。熱烈にアピールを繰り返すハリボーグだったが、内気なイーブイにはかえって逆効果のようで・・・!?
『アニメポケットモンスターXY&Z これまでのおはなし 2015.11.05 より』


お待ちかね、シリーズ恒例ポケモン恋愛(コメディ)回だよ!



続きも読んじゃう?
posted by 小日向 あさひ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 感想【XY&Z編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

もう一度、君と冒険をしよう

今から約二か月前のこと。
『ポケモン超不思議のダンジョン』を購入しましたー!
ポケダンシリーズは「空の探検隊」以来なので、プレイするのは本当に久しぶり。
そのせいか、やたらと前よりも難しくなってないか…? と、何度も死にそうになりました。
実際、シリーズで最も難易度が高いとの評判で、あ、そう思ったのは私だけじゃなかったのね。
でも物語の結末が知りたくって、無我夢中でプレイ。
そして私としては珍しいことに、二週間もかからずにさくっとストーリーをクリアしました。
うん、我ながらすごい。ちょっと自画自賛したくなる。

で、クリアした後に思ったわけですよ。
もう一度最初からプレイしたい…!
きっと伏線が張っていただろう、あのシーンや台詞を見返したい!
だがしかし! 残念なことにセーブデータを消さなければそれは叶わない。
迷いに迷った末、ええ、最初からやり直すことにしました。
クリア後のイベントがあるのは分かっていて、それをこなしてから、とも考えたんですけどね。
物語の展開は知っているけど、心機一転、改めて冒険するぞー!



■主人公 ホソバ(ゼニガメ・♂)
シリーズ恒例、もはや通過儀礼ともいえる心理テストで素直に回答したら、ゼニガメになりました。
これまでは女の子にしていたけど、今作は男の子という設定です。
でもあんまり性別を感じないよね。ウィンドウの色も変わらないし、口調もどちらでもいけるし。
あと後述するパートナーが元気いっぱいな印象が強い分、冷静沈着な感じがする。
まぁ、今までのシリーズ主人公も落ち着いていたけどねぇ。
名前の由来:ホソバミズゼニゴケ
こちらも通過儀礼、毎回名前を考えるときって気づいたら1時間以上は経っているよね。


■パートナー マロン(ハリマロン・♀)
さて、今作をプレイにするにあたって最初から決めていたこと。
それは「主人公かパートナーは草タイプの子にしよう」ということでした。
救助隊はイーブイ&ピカチュウ、探検隊はアチャモ&ポッチャマの組み合わせでプレイしたので、
せっかくなので今まで選んだことのないタイプを入れてみよう! と思いまして。
で、主人公は前述のとおり、初代御三家のゼニガメに決まったので。
どうせなら対になるよう、最新作の御三家から選ぼう! ――という流れでハリマロンにしました。
実は「アチャモが良いよ」と選んでくれたんだけどねー…こればっかりは譲れない。
というか、私にとってその子は探検隊のイメージが強すぎてだな、うん、ごめん。
そうそう、今作の良いところの一つに、主人公とパートナーを自由に選べれることですよ!
いちおう「君は○○だ!」って選んでくれるけど、いいえを選択できちゃうもんなぁ。
空の探検隊の時、なかなかアチャモにならなくて、プレイ開始までに12時間を要するという悪夢があってだな…
この仕様は本当に嬉しかった! 断るとき、ちょっと罪悪感が芽生えるけどね。
名前の由来:ええ、もうそのまんまです。むしろこの名前しか思い浮かばなかった。



あ、主人公とパートナーは初回プレイ時と同じコンビでいきます。
なかなかこういうのって変えにくいんだよなぁ…。なので、もう一度、君たちで冒険をするぜ。
posted by 小日向 あさひ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム 超不思議のダンジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする